2012/11/18

えばーきゅう

エヴァQ観ていろいろウオーと思ったのですがツイッタで言うとネタバレしてんじゃねえぞクソゴミと罵られかねないのでこっちにバーっと書きます、あくまで私的感想に過ぎないので、あの、お手柔らかに、

エヴァQが始まるまで僕はずっとストライクウィッチーズ劇場版観たいな~~手違いでストライクウィッチーズ劇場版が上映されないかな~~~って思ってたんですよ。ストライクウィッチーズ劇場版。でもなんというか一気に惹き込まれましたね。素晴らしい作品でした。

 「俺は旧劇のほうが好きだから新劇はあまり好きじゃねえなw」みたいなツイートをよく見かけるのですが、Qではそいつらをまとめて否定してくれました。すごい。
Qで最も重要なのは、旧劇における議論を、新劇(≒ヴィレ)によって否定、旧劇を敵対視する構図に舵を切ったということでしょう。
冒頭6分の後に出てくるあの巨大な飛空艇を観た時、おそらくみなさんは(僕も)こう思ったでしょう。「こんなのエヴァじゃない」と。冒頭6分をはじめて観た時にも思ったんですが、爆発がやたらカラフルなんですよね。なんかグレンラガンっぽいなーと思ったんですが、実際にヴィレの新メンバーはかなりグレンラガンっぽいデザインになってます。
ヴィレは旧劇ではないという事でしょう。メンヘラ臭いキモヲタのウジウジした根暗世界観を叩き潰す組織、それがヴィレなんだろうと思います。14年も経ってるんです、いつまでも旧劇にすがっているわけにはいかない。 旧劇の否定を「オタクが旧劇を語る」という外部での不毛な論争で行うのではなく、新劇という形で内部から、エヴァ自体が旧劇を否定しているというのをこうして脚本化したのは本当に素晴らしい偉業だと思います。
このデザインや演出で過去作から時が過ぎたというのを描写するのは、『ハスラー』と『ハスラー2』という映画が既にやっていて、とても技巧的な演出です(どちらも超面白いのでおすすめです)。

ヴィレに居場所を見つけられなかった(居場所が失われた)シンジ君はレイにホイホイ付いて行ってネルフに戻っちゃうわけですが、レイは前のレイじゃないしゲンドウは相変わらずだし、結局ネルフにも居場所を見つけられない。
じゃあシンジはどうすべきだったのか。何もしなくて良いなら、大人しくトウジの妹ちゃんとイチャイチャしていたらよかったと思います。めっちゃかわいいじゃないですかあの子、ヴィレに入って関西弁を直そうとしてるけどまだ関西弁が抜けてないあの感じ、最高ですね、胸も小さめだったし、一応シンジ君の担当みたいな感じだったし、あの子と結びついてたらシンジ君は幸せだったんじゃないですかね。


ネルフでカヲル君とかいうホモと出会うわけですが、ピアノの連奏はどう考えてもホモセックスの暗示ですね。夜空を寝転んで眺めるところは完全にピロートークでしょう。
Qでのカヲル君は新興宗教のような存在だったのではないかと思います。世界には楽しいこと(ピアノを一緒に弾くとか)もあることを実感させて、それに依存させて、世界を救おうとか言いながら槍の回収に手伝わせる。教祖であるカヲル君に裏切られたように感じたシンジは勝手に一人で目的を果たそうとするし。(これが正しいのなら、カヲル君が提示した世界の救済というのは旧劇的なものになるでしょう)
二本の槍が何なのかぶっちゃけ分かんなかったのでアレなんですが、カヲルの目的は人類を滅ぼすことだったんじゃないかなーなんて思ってます。人類を滅ぼせば対立は無くなって世界は救済されるでしょう。どうなんだろう、ロンギヌスはまだしももう一本のが何なのかさっぱりでした。

 ラストシーンは、旧劇のラストシーンを意識していたでしょう。旧劇ではアスカとシンジだけが取り残されて終わるけれど、新劇ではアスカとシンジとレイが、しかも他のリリンも生きている。ヴィレが旧劇的な根暗思想を否定して、それにアスカも賛同したからこそ、人類は滅ばずに、旧劇のラストのような「生きる事をやっと選べたけど、どう考えても手遅れ」という状況を回避できたのでしょう。しかもなんだかんだでアスカがシンジを助けるし。アスカかわいすぎでしょ

アスカは、14年経ってからシンジのことをバカシンジじゃなくてガキシンジって呼ぶんですが、まあシンジは14年間ずっと停止してたし当然だと思うけれど、でもやっぱりシンジはガキなんですよね、いくらお前の世界が14年間ずっと停止していたとしても外の世界はいつもどおりに動いて、みんなその間に善かれ悪かれ成長しているわけだし。
Qのアスカは終始「シンジはクソ」みたいな態度を崩さなかったので、いくら地に足ついていて、現実味のある女の子だからといって、あんなに否定され続けたら誰だって愛想尽かすでしょう。僕もなんだこの厳しいアスカは…って思ってました。でも最後はちゃんと助けてくれたし、ああ、アスカは大人になってメンヘラを克服できたんだな、それでいてガキのままのシンジだって見捨てないでいてくれるんだ、おお、アスカよ…
僕たちクソキモヲタクも、いつまでも旧劇についてどうこう語るだけじゃなくて、旧劇そのもの(旧劇について語ることを含めて)を乗り越えて、アスカみたいに成長していくことになるんだろうなあと思いましたね。ネルフの押し付けよりもヴィレの自主的な空気のほうがまだマシでしょう。

エヴァQは評価の割れる作品でしょう。Qを受け入れられるオタクと、Qを受け入れられないオタクに完全に別れると思います。
Qを受け入れられないオタクというのは、古臭くて、未だに世界破滅的な願望を捨て切れない幼稚性を持っているということでしょう。根暗な世界というのは心地が良いから。僕達はQ的な時代の潮流の中で生きていくしかないのだろうとおもいました。


  ただ庵野自身はQを作っておきながらも同時に巨神兵のアレを作って同時公開しちゃうあたり、まだ世界破滅の願望を捨てきれて無くて、両面性があるんだと思います。巨神兵のやつは相当気持ちが悪かったですね。これだからオタクはキモいんだよって叫びそうになりました。あんなのただの監督のオナニーでしょう、最低な作品だと思います(ただ、その後にQで世界破滅願望の超克を行ったというのも、もしかしたらQの主張の強度を高める為のものだったという感じはしていますが)。